子犬のしつけ

今回は子犬のしつけに関する方法を少しご紹介します。
子犬をしつける時、そこの環境に慣れさせることもポイントの一つになります。子犬というのは、人間の子供と同じように順応性が高いです。なので最初のうちは多少戸惑うこともありますが、すぐに人間がいる環境に慣れることができると思います。
人間に飼われる以上、周囲に人間がいる生活になりますので、周囲の環境に慣れさせることが絶対条件です。

また、子犬のうちはワクチン注射が終わっていないと散歩などはできませんが、そういう場合でも飼い主が抱っこなどで外に連れ出し、家の周りの音を聞かせたり車の音を聞かせたりするなどして、家以外の世界を子犬に体験させてあげることも大切です。こうやって子犬に人間社会を慣れさせていくようにしましょう。

しつけをするのに一番いい時期というのは、子犬の時ではないかと思います。なぜ子犬の時かと言うと、人間同様小さい時のほうが頭も柔らかく何でも吸収していきます。なので生後3~12週目くらいの時期にしつけを行うのが最も覚えてくれると思います。

また「しつけを覚えやすい時期=社会化期」は、自分と他のものを区別してくる時期でもあります。そういう時期にしつけをすることによって、これが当たり前のことなんだと子犬に認識させることが可能となります。
それにより社会性を持ち、リーダーの言うことを聞く犬に育てることが可能となります。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

犬のしつけのポイントその1
まずは犬のしつけの第一歩として、犬のリーダーになろう! 犬をしつけるためには、や......
犬のしつけのポイントその2
飼い主は、態度は変えずにしつけをすることも大切です。 犬をしつけるときのポイント......
犬のしつけのポイントその3
しつけの時の呼び方を統一しよう。 犬のしつけの時、「駄目」や「コラッ」など色々か......
犬のしつけのポイントその4
決して甘やかさないこと。 犬を飼い始めるとつい可愛すぎて色々な行動を多めに見てし......
犬のしつけのポイントその5
しつけ中に失敗しても叱らないこと。 犬をしつけている時に、犬も失敗をたくさんする......
犬のしつけのポイントその6
子犬のしつけの方法です。 子犬をしつける時には様々な工夫が必要です。子犬といえば......
犬に留守番のしつけ
犬に留守番をしつけて覚えさせましょう。 犬を飼う時には留守番ができるようにしつけ......
犬をきちんとしつけましょう
犬の甘噛みに対してのしつけ。 ほんと犬はいろんな所を噛みます。甘噛みで痛くないか......
いつからしつけはするのがいいのか?
犬のしつけは早いほうがいいです。 犬のしつけというのは、いったいいつ頃から始める......
犬に触ってしつけよう
人に触られることを慣れさすためにも犬に触ってしつけよう。 犬を飼うことで身体を洗......
犬に噛み癖をつけないようにしよう
犬に噛み癖がつかないよう、しっかりしつけましょう。 犬を飼っていて困ることの一つ......
無駄吠えをしないようにしつけましょう
犬の無駄吠えをしつけよう。 犬はよく無駄吠えをすることがあります。この無駄吠えを......
食べ物のしつけ
犬の食べ物に関しても、しつけが必要です。 犬を飼う時には、その犬に食べ物に関する......
しつけが犬を幸せにする
犬の為にもしつけは大切なのです。 犬を飼い始めたら「しつけ」のことをまず考えて欲......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方・飼い方を学ぶ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://dog.nail71.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。