犬が拾い食いをしないようにしつけよう

犬を散歩中、何でもかんでも口にするので、ちゃんとしつけておきましょう。
たまにですが犬を散歩させていると、犬が何か食べていると感じることはありませんか?犬というのは好奇心がとても旺盛で、外で見つけたものをつい口に入れてしまう可能性があります。
危険がないものだといいのですが、他の犬の糞や尿などを口に含んだりして病気をもらってしまう可能性も少なくないです。そういう危険性があるものを口に入れないように、きちんと拾い食いをしないしつけをしておく必要があります。

まずは散歩中、何か食べそうな物が落ちている場所は避けて通るようにします。また拾い食いをしそうになったらリードを引っ張ったり「ダメ」と強い口調で叱ったりなどしてきちんとしつけるようにしましょう。注意点としましては、叱るときは1度ということです。同じことで何回も叱らないようにしましょう。

それでもダメな場合は一度拾い食いをさせてみます。そうはいっても外にあるものは危険ですので、家からタバスコなど犬が嫌がるものを塗った食べ物を持ってきて、外に置き犬に拾い食いをさせてみます。
その時に置く食べ物は家では出さないものにしましょう。見慣れている食べ物なら安心して食べてしまう可能性があります。

家から持ってきたものを犬が見ていないところで自然に置き、それを食べさせてみます。そこで犬が嫌がって口から出せばしめたものです。これを何回か繰り返し、犬に外で何か拾って食べると嫌な事が起きると認識させるようにしましょう。

何事も根気が大切です。頑張って犬が危険な目に合わないようにしつけをするようにしましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

犬のしつけ・散歩や旅行の場合
犬を散歩させたり、旅行に一緒に行ったりする時のためのしつけ方です。 犬の散歩につ......
散歩の前のしつけ
犬との散歩の前にしておくしつけ。 犬を飼ったら外に散歩に連れて歩きたくなりますよ......
犬の散歩のときのしつけ
散歩中の犬のしつけについて。 犬と外で散歩をする時、外の世界には犬にとって刺激が......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方・飼い方を学ぶ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://dog.nail71.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。