犬の散歩のときのしつけ

散歩中の犬のしつけについて。
犬と外で散歩をする時、外の世界には犬にとって刺激がたくさんあります。だから興奮をしてリードを引っ張ってしまいがちになります。家の中のしつけはちゃんと出来ても、散歩をする時に犬の好きなように歩かせていると、家ではダメだけど外では自分がリーダーではないかと勘違いをしてしまう可能性があります。
なので散歩中に飼い主の言うことを聞かず、最悪の場合には自動車や自転車にはねられたりして死んでしまう可能性もあります。

家の中でも外でも犬のリーダーは飼い主です。犬のご機嫌を伺う歩き方にならないよう注意しましょう。
また散歩の時はリードを短めに持つようにして、犬が違う方向に行こうとしたら引っ張って誘導をするようにします。また立ち止まった時に犬が歩くのを止めない場合は、リードを引っ張って止めるようにしましょう。

犬に引っ張られて負けてしまうケースも多々あるかと思いますが、そういった時の方法としては、犬がリードを強引に引っ張って歩こうとした時に、大きな声を出してその場に転んでみてください。
そうすることによって犬は飼い主を心配して覗きに来ます。その時に愛想よく犬の方を見ないで無視するようにします。そうすることで犬に引っ張られないような散歩ができるようになります。

なかなか大変だとは思いますが、犬の安全のためにも根気よく続けていくようにしましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

犬のしつけ・散歩や旅行の場合
犬を散歩させたり、旅行に一緒に行ったりする時のためのしつけ方です。 犬の散歩につ......
散歩の前のしつけ
犬との散歩の前にしておくしつけ。 犬を飼ったら外に散歩に連れて歩きたくなりますよ......
犬が拾い食いをしないようにしつけよう
犬を散歩中、何でもかんでも口にするので、ちゃんとしつけておきましょう。 たまにで......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方・飼い方を学ぶ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://dog.nail71.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。