犬のしつけのポイントその2

飼い主は、態度は変えずにしつけをすることも大切です。
犬をしつけるときのポイントとして、犬が混乱しないように注意してしつけをしなければなりません。犬は頭がよい動物と言われていますが、当然ながら人間の世界における善悪の判断がつくほど頭が良い訳ではないのです。
なので犬が噛みつくなどの行為をしたら、例え甘噛でも叱るようにしましょう。甘噛だから叱らないというように、態度を変えたりしないようにしましょう。

逆に良いことをした場合は、思いっきり誉めてあげましょう。
とはいっても犬って可愛いですよね。少し悪いことしても仕方ないな~なんて言って、つい許してあげちゃったりしますよね。それでもしつけをするときには、毅然と一貫した態度で接するようにしましょう。

誉めるときは行動のすぐ後にしてあげましょう。
叱るときも誉めるときも同じなのですが、犬が何か良い行動・悪い行動をした直後に誉めたり叱ったりするようにしましょう。
後から「あの時良いことしたね」なんて誉めてあげても犬には何のことか分かりません。タイミングが悪いと、悪い行動を良い行動と認識してしまったりしてしまう可能性があります。

そういうことで犬が行動した直後に誉めてあげると、犬がどんなことをしたら誉めてもらえるのか認識をして、次からは誉めてもらいたくて良い行動をするようになります。
犬をしつけるには「叱る」以上に「誉める」ことが大切。なので犬が良いことをしたらきちんとタイミング良く誉めてあげましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

犬のしつけのポイントその1
まずは犬のしつけの第一歩として、犬のリーダーになろう! 犬をしつけるためには、や......
犬のしつけのポイントその3
しつけの時の呼び方を統一しよう。 犬のしつけの時、「駄目」や「コラッ」など色々か......
犬のしつけのポイントその4
決して甘やかさないこと。 犬を飼い始めるとつい可愛すぎて色々な行動を多めに見てし......
犬のしつけのポイントその5
しつけ中に失敗しても叱らないこと。 犬をしつけている時に、犬も失敗をたくさんする......
犬のしつけのポイントその6
子犬のしつけの方法です。 子犬をしつける時には様々な工夫が必要です。子犬といえば......
子犬のしつけ
今回は子犬のしつけに関する方法を少しご紹介します。 子犬をしつける時、そこの環境......
犬に留守番のしつけ
犬に留守番をしつけて覚えさせましょう。 犬を飼う時には留守番ができるようにしつけ......
犬をきちんとしつけましょう
犬の甘噛みに対してのしつけ。 ほんと犬はいろんな所を噛みます。甘噛みで痛くないか......
いつからしつけはするのがいいのか?
犬のしつけは早いほうがいいです。 犬のしつけというのは、いったいいつ頃から始める......
犬に触ってしつけよう
人に触られることを慣れさすためにも犬に触ってしつけよう。 犬を飼うことで身体を洗......
犬に噛み癖をつけないようにしよう
犬に噛み癖がつかないよう、しっかりしつけましょう。 犬を飼っていて困ることの一つ......
無駄吠えをしないようにしつけましょう
犬の無駄吠えをしつけよう。 犬はよく無駄吠えをすることがあります。この無駄吠えを......
食べ物のしつけ
犬の食べ物に関しても、しつけが必要です。 犬を飼う時には、その犬に食べ物に関する......
しつけが犬を幸せにする
犬の為にもしつけは大切なのです。 犬を飼い始めたら「しつけ」のことをまず考えて欲......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

犬のしつけ方・飼い方を学ぶ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://dog.nail71.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。